LINEでのお問い合わせ

Column

美容原液オパールR-ⅢのQ&A 『春』

こんにちは!オパール愛好家の松田です🦊

当店でもご愛用くださっている方がとても多く、

1度使えば、やめられない!癖になる!などのお声も、、、、✨✨

 

美容原液オパールR-Ⅲとは、たくさんの和漢植物と西洋ハーブで

1年間発酵熟成させてつくられた、今年で発売95年目を迎える化粧水です。

一家に一本といっても過言でないほど、世代を超えて愛されています💓

とっても簡単な説明ですが、ひと言で伝えきれないぐらい深いです😌😌

なのでここでは深く話しませんが、聞きたい!知りたい!方は

お気軽に私まで♪

 

今回は、そんなオパールR-Ⅲの『春』によくあるご質問にお答えします⭐︎

 

Q.1季節の変わり目はいつもよりもピリピリしますが、使用をやめた方がいいですか?

🦊ピリピリする場合は使用をやめるではなく、いつもより薄めて使ってみてください。

美容原液というだけあって和漢植物パワーが濃縮してあるので、肌の状態によってはそのパワーに耐えられません。

かなりピリピリする場合は洗顔後の濡れている肌に1滴、手で優しく押さえるように馴染ませてご使用ください。

肌は体のバロメーターという東洋医学の考え方に着目してつくられているので、ピリピリした箇所は肌だけでなく、体内がストレスを感じていたり、疲れが出ている箇所を知らせてくれています。

ピリピリするところはオパールを重ね付け(丁寧に馴染ませることが重要☝️)、

食事で栄養を補う。肌と体は繋がっているのでどちらもケアを♡

※写真1参照 ↓

 

Q.2 花粉症で肌がムズムズしますがオパールは使っていても大丈夫ですか?

🦊かゆみやかぶれなど、明らかな肌の不調の際はオパールに限らず使用を控えた方が無難です。かゆみやかぶれなどない場合は、使用しても問題ありませんが、必ず薄めて使用してください。

水でヒタヒタに濡らしたコットンに1滴、もしくは洗顔後の濡れた肌に1滴。水9:オパール1の割合から、2〜3週間を目処に水とオパールの割合を変えて、肌を慣らしていきましょう♪

 

Q.3 薄めて使うのが面倒。薄めずに原液で使ってもいいですか?

🦊その時のお肌状態に合わせた使用法がベストです。

いつもオパールをお使いの方や肌トラブル、アレルギーなどない方は原液でのご使用OKですが、体調が優れない、

トラブルが出やすい時期、初めてお使いの方など…

面倒でも必ず薄めてオパールに肌を慣らしてから原液へと使用法を変えてください。

もしくは、専用の50mlミストボトルに水を25ml、オパールを数滴入れあらかじめ薄めたものを使うのもOKです。ただし、水が腐りやすいので3日以内に使い切ってください。

 

 

春の肌は1年の中でも比較的トラブルが起きやすいので、少し工夫をしてオパールをお使いください💓

薄めて使う場合、つっぱり感を感じる方がおられます。水は肌の水分を抱えて蒸発する特性があるので、オパールを原液で使い始めたり、オパールの割合が多い薄め方になってきましたら、

つっぱるどころかとてもしっとりの後肌♡になりますのでその日を楽しみにしていてください☺️

 

 

次回は、『夏』についてです。

お楽しみに🤗🌸

 

美容原液オパールR-ⅢのQ&A『夏』は、こちらからご覧ください♬